市場取引のメリット

株式市場や外国為替市場など、様々な市場を用いて行われる売買取引の事を市場取引と言います。

わたしたちが資産運用のための投資取引を行う際、いろいろな金融商品を利用しますが、こうした投資に用いられる株式や通貨などといったものの売買取引の多くはこの市場取引で行われているものと、金融商品を販売している取引業者との間での取引を行う相対取引、店頭取引といったものに分けられます。

この相対取引や店頭取引と呼ばれるものは、それぞれのものの売買取引において、不特定多数での取引が行われている市場を通さず、取引業者と一対一での売買取引で行われることになります。

こうした事により、取引業者との取引を行う店頭取引では、手数料やコストの面で取引業者の裁量により優遇されることがあり、例えば異なる2つの通貨の売買取引を行うFXでは、通貨の売値レートと買値レートの差幅であるスプレッドというものがあります。

このスプレッドは、売買取引を行う際に発生するコストになるのですが、店頭取引を行っているFXの取引業者であれば、このスプレッド幅の設定に対して裁量が大きく働くことになり、この幅を狭くすることで取引コストを下げる事を行っています。

これにより、わたしたち投資家は少ない手数料で取引を行うことができるために、有利に投資を行うことが可能になります。

一方の市場取引では、取引業者と直接取引を行う店頭取引とは違い、取引業者を仲介して市場に対して取引を行っているために、こうしたスプレッドの調整を行うことができません。

これは、一見すると市場取引のデメリットのように思えますが、実はこれが市場取引の最も大きなメリットとなっているのです。

スプレッドの調整ができないのは、市場との取引を直接行っているからであり、取引業者が設定した市場レートで取引を行っていないという事になります。

店頭取引のFXでは、実際の市場の為替相場レートをもとに、取引業者が設定したレートによって投資家の間での取引になっています。
この事により、売値と買値の値幅であるスプレッドの調整も行えるのですが、これにより、投資家は本物の為替市場では取引を行っていないのです。

このため、店頭取引FXでは取引業者の利益が投資家の損失であり、投資家の利益が取引業者の損失になるという構図が生まれ、その取引の要である為替レートを、投資家側が信用して取引を行うしかなく、その透明性、公平性が保障できないのです。

これに対し、市場取引では外国為替市場のレート変動を利用して、実際に取引を行うことになりますので、極めて透明性の高い取引が行えるのです。