市場取引のデメリット

わたしたちが、金融商品などを利用して投資取引を行おうとした場合、株などの証券や海外通貨をそれぞれの市場で取引し、その市場の相場レートの変動を利用して売買価格の値幅であるキャピタルゲインを利益として得ることを目的とすることがあります。

このような場合には、株や社公債、通貨などを長期的に保持して配当金や金利を利益とするインカムゲインとは違い、その銘柄などの売買取引を行わなくてはなりません。

この売買取引には大きく分けて2つの方法があり、一つは売り手側と買い手側が一対一で条件などを交渉し、互いに折り合いがついたところで取引を成立させる相対取引と、不特定多数の買い手側の売り手側が、それぞれに条件を提示しあい、その条件が見合った双方同士の取引を成立させていく市場取引があります。

相対取引は、金融商品を取り扱う取引業者と顧客である投資家が、一対一で取引を行うために店頭取引とも呼ばれています。
また市場取引は、それぞれの市場の取引所での取引になりますので、取引所取引と呼ばれることもあります。

このどちらにもメリットとデメリットがあり、どちらの取引方法を利用して投資を行い体のかは、わたしたち投資家の判断になり、それによって店頭取引を行っている取引業者を選択するのか、それとも取引所取引をおこなう、つまり市場取引の仲介を行う取引業者を選択するのかという事になります。

世界中の通貨を売買取引し、利益を求めていくことを目的とした投資であるFX取引でも、この差は如実に表れるものになります。

相対取引の場合は、取引業者との間で通貨の売買を行いますので、極端な話をすれば実際の為替市場の動向は取引とは関係がないと言えます。
取引業者が自らで決定した相場レートを提示し、顧客である投資家がその条件を承諾すれば交渉成立になり取引が行われるのです。

この事により、実際の為替市場のレート変動に対する正確さや透明性は失われることになりますが、ここに取引業者の裁量を加える事ができるために、投資家にとって有利なこともあり、取引に必要となる手数料が不要であったり、また通貨の売値と買値の差額であるスプレッドは、通常は取引のコストになるのですが、こうしたものを少なく設定することができます。

これに対して、市場取引では実際の為替市場の為替相場レートで取引を行い、取引業者はその仲介を行っていることになりますので、市場に対する透明性は保たれるものの、裁量を聞かせる事ができないために、取引手数料やスプレッドのコストなどが大きな負担となり、投資で得た利益に対して足を引っ張る形になるのです。